暗号通貨バブルって知ってますか?

ビットコインの価格が2021年の年末には高騰すると言われています。

前回の高騰は2017年

その前は2013年

2017年の暗号通貨の高騰

2017の暗号通貨バブル

2017年の年末

仮想通貨で大もうけをした人が沢山出ました。

イーサリアムやネムコインなど複数のコインが高騰したのです。

2017年の初頭に

「この一覧の暗号通貨を買えるだけ買っておいてください」

Aさんはそう言って暗号通貨の一覧を出しました。

その指示にしたがって

素直に購入した人がどうなったのか?

購入額は 10万×22種=220万円

言われた通りに購入した

22種類の全ての暗号通貨が

年末までに高騰し

トータルで 259,780,000円(2億5,978万円)

になりました。

トータルでも100倍以上です。

いつでもこのような事が起こるわけではなく

暗号通貨バブルの4年に一度のタイミングだから

このような結果になったそうです。

4年に一度のバブルの年

2017年に起きた暗号通貨バブルと同じようなサイクルが

今年の年末に訪れます。

実は、4月9日に

Aさんのオススメの暗号通貨をお伝えしています。

4月末時点、まだ1ヶ月経っていませんが

BNB 45,300→68,600 (150%)
ADA 132→147 (113%)
CHZ 55→60 (109%)
FTT 4,400→6,100 (138%)
BAT 121→135 (111%)

たった1ヶ月で

全ての暗号通貨が

これだけの値上がりをしているのです。

年末までにはもっと上昇するはずです。

暗号通貨は怖い・・・

ビットコインはもう終わった

とか

暗号通貨は怖い

などという記事をよく見かけます。

前回の2017年の年末に急騰したビットコインは

年が明けると急落し、

200万以上だったビットコインは

50万程度まで下がってしまいました。

上がる比率も大きいのですが、下落も激しいのが暗号通貨です。

しかし、不動産バブルに比べたら

売り時、買い時がハッキリしているので

失敗するリスクは限りなく低いと思います。

さらにその倍率は不動産の比ではありません。

暗号通貨が軒並み値下がりする日

実は来年から2年間は

ほとんどの暗号通貨がダダ下がりすると言われています。

前回2017年の暗号通貨バブルでも同じです。

一旦ほぼ全ての暗号通貨が値下がりします。

そのタイミングはいつとははっきりしませんが、

1月中旬から1月末、遅くても2月初めには下がりだすでしょう。

下がり出したら上場株式と同じです。

いくら売りたくても売れませんから

ドンドン値が下がっていきます。

だから一旦上がった暗号通貨は

年明けには全て売りに出して利確する必要があります。

それを

もっと上がるかもしれない

と持ったままにしていると

急激に価格が下がってしまい

売りたくても売れなくなります。

「暗号通貨はだめだ、怖い」

となるわけです。

売り買いのタイミングを失敗した人が

大損するのが暗号通貨です。

しかし タイミングさえわかっていれば

こんなにリスクの少ないものはありません。

暗号通貨バブルに乗る

一個人が大きな資産を残すには

4年に1度の暗号通貨バブルに乗るのが

一番簡単です。

年末までには

少なく見積もって 4倍以上

10倍、50倍、

もしかしたら100倍になるかもしれない

 

そんな未公開トークンを期間限定でご案内します。

少額で構わないので

暗号通貨バブルを体験しましょう

その前に

株式会社BPとの販売委託契約までは済ましておいてください。

販売委託契約が終わっていないと

購入する事ができませんので

BPへの登録はこちらから
↓ ↓
https://lin.ee/WYK3yOo